オンライン化の進む今こそ◎紙の名刺のメリット


こんにちは、
デザイナーの寺おかです。

あなたは名刺って作られていますか?

もし、ご自分でお仕事をされていいて、
まだ無い、あるいは切らしているのなら
早めに用意されるのをお勧めします。

なぜなら、名刺というツールは
王道ながらなかなか侮れないからです。


デジタル、オンライン全盛のご時世ですが
そんな中だからこそ、
リアルでお会いして交流する時の「濃度」って
すごくあると思います。

そして、
お会いできた機会に名刺を渡した方とは、
やはりしっかりと繋がれることが多い!

と実感しています。

もちろんご依頼にも繋がっていますよ^^

ロゴと名刺制作のお客様からも
そんなお話を伺います。

というわけで、今日は紙の名刺のメリットを
ご紹介してみますね。



紙の名刺のメリットは「オフライン+紙メディア」の強み

オフラインで伝わる情報の多さ

実際に人と会って話すというのは、
交流の「濃さ」が一番あるものです。

SNS、LINEやメッセンジャー、zoomなどなど
様々なコミュニケーション手段がある世の中ですが、
オフラインで会って話すというのは
段違いに「濃い」
と思います。

たとえ、あまり長くお話しできなかったとしても
実際に会った人の雰囲気、佇まいから伝わるものは
SNSやブログなどの発信情報の比ではありません。


人柄なんかもダイレクトにわかるので、
信頼関係につながりやすいですよね。
(逆も然り、合わない感じもわかります)

もしあなたが何かのサービスを探して
ネットで検索する時には、

全く知らない人に飛び込むよりも、
一度でも会った事のあるいい感じの人がいれば
まずその人を検討する
と思います。

これって直接会えるオフラインでの
出会いの強みですよね。


紙の情報はデジタルよりもダイレクト

さて、そんなオフラインでのご縁繋ぎには、
サッとお渡しできる名刺はやはり便利。

何もないよりはるかに印象づけられますし、
スマホを取り出してQRコード交換するよりも
コンパクトでハードルも低い
です。

また、すごく急いでいる時でも
名刺を渡すくらいは可能なことも多いですよね。

そして、受け取った人は
名刺を手にするだけであなたの名前や仕事を
目にすることができます。


これ、デジタルでも行けそうですが
実はそうでもないんです。

スマホなどのデバイスを通した情報は

・スマホを起動する
・その情報をスマホ上で探す

という、少なくとも
2つのアクションを経ないと
見てもらえないんですよね。

つまり、この2アクションの間に
他の情報に目移りしてしまい
結局アクセスに繋がらない…
なんてことがある訳です。

その点、名刺はダイレクトなので
しっかり検討項目として見てもらえます。


と同時に、
会った時の記憶も蘇るので印象も強いです。

会う + 紙のメディアの強みと言えるでしょう。



紙の名刺で濃いご縁繋ぎを

ここ数年の感染症対策の影響で、
オンライン主流の世の中になりました。

でも、オフラインが無くなるかというと
そうではなくて、
やっぱり人と会うことの良さはあって、
その価値も改めて見直されていますよね。

オフラインで人と出会う機会が戻ってきていますし、
この時を逃さずご縁をつなぎたいものです。


それをするのにピッタリなのが、
名刺という昔ながらのツール

初対面やあまり親しくない方にでも
お渡ししやすいですし、
自然と会話にも繋げやすいです。


いきなりLINEやSNSの交換よりも
スムーズでやりやすいですよね。

ギラギラとした感じで
お渡しするのはアウトなので、
そこだけ気をつけて(笑)


あと、葉書なんかもそうですが、
紙のカードを受け取るって
なんだか嬉しくないですか?


好き好きだとは思うのですが、
カードの形で情報をもらえるって
私はなんだか楽しいんですよね。
そのカードから何か、
新たな発見があるかもしれないですから。

なので、こちらから差し上げる時は
そんなささやかな嬉しさや楽しさも一緒に
お渡しできたらなと思っています。


こんな気持ちも実は大事かなと思っています^^


いかがでしょうか。

出会いをご縁に変えるツール、名刺。

今は自作するアプリなど色々ありますし、
まだお持ちでない方はぜひ
「名刺を作ってお渡しする」というのを
やってみてください。

きっと人とのつながりや流れが変わりますよ^^


自分では名刺のデザインができない、不安、
印刷ってどうすればいいの?
しっかりとしたデザインのものが欲しい…
という方は外部に依頼しましょう。

寺おかもロゴと名刺の制作を承っています。
印刷手配までカバーしていますので、
ぜひご相談くださいね。


何か少しでもヒントになれば幸いです。
ではでは、また!



あなたのビジネスを支える
オリジナルロゴと名刺をデザインします


ロゴと名刺制作について