《WordPress》プラグインを使わず投稿を複製する方法

こんにちは、寺おか です。
今日はワードプレス編集のメモを。

新たに記事を作成するとき
リンク先などの掲載情報を新しい投稿にも使いたい、
以前投稿したものと同じ体裁で書きたい

ということは多いと思います。

しかし、ワードプレスの投稿一覧ページには
残念ながら『投稿を複製』という機能はありません。

かといって、複製したい投稿と新規投稿の
2つの編集画面を開いて、
ブロックごとにコピペしていく…
というのもなかなか大変です。

でも大丈夫!!

すべてのコンテンツをコピー
という機能を使うとすんなり作成できます。

ブログ投稿にも固定ページにも使えます。
また、プラグインのインストールの必要もありません。


このやり方を覚書として書いておきます。

※  Wordpress5.0以降が対象です。
※ 記事後半にプラグインもご紹介します。



投稿または固定ページを複製するには

(1)複製したい投稿の編集ページでの操作

まず、複製したい投稿(または固定ページ)の
編集画面を開きます。

画面右上の3点マークを開き、
『すべてのコンテンツをコピー』をクリック。


これで内容がコピーされました。

注意点は、どのブロックも選択していない状態で行うこと

どこかのブロックを選択した状態でやると、
そのブロックのみがコピーされてしまいます。

文書全体を選択している状態(=どのブロックも選択していない)
で行いましょう。
画面左下の表示で『文書』となっていればOKです。

もしブロックを選択してしまった場合は、
ブロックの外側をクリックして選択を解除しましょう。


(2)新しい投稿を作成しペーストする

新しい投稿または固定ページを作成し、タイトルを入力します。

そして、最初のプロックにカーソルを合わせ
『Ctrl + V』(Windows)もしくは
『Cmd + V』(Mac)でペーストすれば完了です。


コレだけでOK^^
既存の記事と同じ内容が表示されます。



投稿を複製できるWordPressプラグイン

投稿を複製するプラグインで有名なのは
Yoast Duplicate Post』です。

投稿一覧の各記事に
「複製」「新規下書き」「書換え&再投稿」
というボタンが追加されます。

長い記事の情報を更新して再投稿したいときに便利です。


ダッシュボード > プラグイン > 新規追加

の画面で『Yoast Duplicate Post』を検索し、
インストールします。

『使用中の WP バージョンと互換性あり』
という部分をしっかり確認してからインストールしましょう。

 

以上、投稿の複製の方法をご紹介しました。
いかがでしたか?

私は以前、複製したい時はせっせとコピペをして
大変だなーと思いつつ頑張っていたので、
このやり方を知った時は本当に嬉しかったです。

そして、なんでもっと早く知らなかったのか…とも。

初心者でそこまで発想が及ばなかったのも一因ですが、
何か大変だな…と思った時は
とりあえず解消法を探してみるというのが
すごく大事だなと感じた一件でした。


日々の更新の時間短縮にとってもオススメです。
ぜひ試してみてくださいね。

お役に立ちましたら幸いです。

ではでは、また!!


書籍、WEB用イラストや各種デザイン制作で
『伝わる発信』をお手伝いしています

≫ サービス一覧