WEB発信、PC初心者さんのための『データの種類(ファイル形式)』についての解説。



こんにちは、寺おか 久美子.です。

ロゴや画像、パンフなどの制作を外注した際、
印刷物だけでなく、データとしても納品されることが多いと思います。

そんなとき、納品されたデータの種類がよく分からなくて
うまく活用できていない、なんてことはありませんか?


なんとなく画像を使って
スペースを埋めることができたけれど、

荒い画像を無理やり使っていたり、
色味がなんだかちょっと変だったり。。。


せっかくプロに頼んで作ったのに、
活用しきれず勿体無いですよね。


今日は、初心者さんから
「なんとなく知ってるけど、よく分からない」と伺ったことのある
データの種類についてお話ししてみます。

ごくごく初歩的な、最小限のポイントに絞っていますが、
これを理解していると何かと少しスムーズになると思います。

初心者の方、
「パソコン」や「データ」という言葉に苦手意識のある方は、
ぜひ読んでみてください^^




0、拡張子(かくちょうし)を理解しよう

まずは、超基礎から。

データのことを「ファイル」とも呼びます。

そしてファイル名の後半『.○○○』の部分
拡張子(かくちょうし)と言います。

「データの種類(ファイル形式)はなんですか?」
と聞かれたら、この拡張子の部分を答えましょう。


小文字のドットとアルファベットで表示され、
PCやスマホなどの端末上(機械の中)でも
こちらに基づいてデータを識別、処理します。

なので、拡張子が一文字でも欠けていると
表示や編集ができなくなってしまいます。

ファイル名を変更するときには、
この拡張子の部分を消したりしないよう注意しましょう。
最悪の場合、データが見られなくなってしまうこともあります。


また、これらを確認するにはスマホよりもPCが断然便利です。

苦手だからとスマホで済ませようとするのではなく、
PCでの確認や操作を習慣づけるようにしましょう。




1、画像データ(ファイル)

多くのPCやスマホなどの端末で、画像として表示できるデータです。
スマホやデジカメで撮った写真や、PDF書類などもこれにあたります。

専用アプリでデザイン編集したデータ(2、編集用データを参照)も、
この画像データに変換してから使用されることが多いです。

たくさんの種類がありますが、ごくごく代表的なものをご紹介します。
特色を知って、使用シーンに合わせて選べると良いですね^^



・JPEG(.jpg)

ジェイペグ、と読みます。
写真などによく使用される画像データ形式。
背景色あり。
発色が良いのが特徴で、美しい画像をしっかりと見せたい時に適しています。



・PNG(.png)

ピーエヌジー、と読みます。
WEB素材などに使用される画像データ形式。
背景色なしも可能。
データサイズが小さく済むのが特徴ですが、発色はJPEGよりも劣ります。



・PDF(.pdf)

ピーディーエフ、と読みます。
文書むけの画像データ形式。
WordやExcelなどの文書を画像化するときにもよく使いますよね。
データサイズが小さく済みますが、写真などの鮮明さは劣ります。




2、編集用データ(ファイル)

画像ファイルと違い、編集情報がつまったデータです。
容量が大きく、専用のアプリケーションでなければ開くことができません。
こちらでデザイン編集の作業をします。

さまざまな編集アプリケーションがありますが、
私も使用している代表的なデザインデータをひとつご紹介します。

ここでは「デザインの編集用データってこういうものなんだ」と掴んでいただければ^^



・AIデータ(.ai)

エーアイデータ、あるいは
イラストレーターのデータ、などと呼びます。

Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)という
アプリケーションで編集するデータ。
文字の配置、描画、グラデーション効果などの
精密なデザインや作画が可能な専門性の高いアプリ(ソフト)です。

WordやExcelなど事務系のソフトでは開くことはできません。

画質や色味の再現にも優れ、様々なメディア制作に使われています。
印刷会社に発注するとき、AIデータでの入稿を求められることもあります。




3、カラーモード

PCなどの端末上で、どんな条件で色を再現するか、、
という指定をするのがカラーモードです。

これは、画像データ、作業データどちらにも関係ありまして、
データ形式というよりは、設定のようなもの、、と捉えてください。

こちらもさまざまなカラーモードが存在します。
とりあえず、カラーモードという設定があることと
この2種類カラーモードを知っておけば大丈夫でしょう。

・RGB(アールジービー)= WEB用

・CMYK(シーエムワイケー)= 印刷用


ご自身で編集することはあまりないかもしれませんが、
表示や指定がある場合は、WEBと印刷で必ず使い分けてください。

カラーモードを間違えると、特に印刷では
思っていた色と全然違う仕上がりになってしまいます。

印刷屋さんサイトより。発色の違いがわかりますよね。



ちなみに私は、ロゴマークやロゴタイプのような
印刷とWEBどちらでもよく使用するデザインについては、
印刷用、WEB用とそれぞれの画像をご用意して納品しています。
(ロゴと名刺については こちら から)
そのように納品されていることも多いですので、
納品データがある方は今一度見直してみると良いですね。

手元のデータのカラーモードが知りたいときは、
PCでデータ詳細を確認(右クリック→情報、などでみられます)するか、
それもわからないときは制作者に確認しましょう。

スマホやデジカメで撮った写真はRGBであることが多いです。
(データのカラーモードを変更するには、専用のアプリケーションが必要です。)



いかがでしたか?

いきなり丸暗記しなくても大丈夫です。
こういう種類と特色があるんだ、、と理解しておくだけで全然OK^^
用語にだんだんと慣れていきましょう。

これからデザイン制作など外注する時は、
頭の片隅に入れておいてくださいね。

また、もしお手元にそのようなデータがある場合は
これらを踏まえた上で見直してみてください。
意外と使いやすいものが眠っているかもしれません。


少しでもお役に立ちましたら幸いです。


ではでは、また!




イラスト、画像、ロゴや名刺などの制作で
個人事業主の「効果的な発信」をお手伝いしています。


サービス一覧はこちら