【無料プレゼント】疫病退散!アマビエとヨゲンノトリの画像

こんにちは、寺おか 久美子.です。
7月に入り、2020年の後半がスタートしましたね。

これからのみなさまの健やかな毎日を願って、
疫病退散の言い伝えのある妖怪、
アマビエとヨゲンノトリのイラストをまとめました。

4〜5月の自粛期間中、おうち時間応援ということで
無料のオンライン絵画教室
「アマビエを描こう」「ヨゲンノトリを描こう」
というのをやったんですが、
そちらで私が描いた妖怪たちです^^

教室のたびにいろいろ描きましたよー! 


どういう妖怪なのかをざっくり説明しますと、、、

アマビエの言い伝え
肥後の国(熊本)の海に夜な夜な光る半人半魚のアマビエが現れ、「これから6年間は豊作だが、病気がはやる。しかし、私の姿を写して人に見せると病気から逃れることができるから、写して人に見せなさい」と言って消えた、という。

https://www.asahi.com/articles/ASN4B463JN48OIPE028.html

ヨゲンノトリの言い伝え
・ヨゲンノトリは、当時流行していたコレラの様子を市川村(現山梨市)の村役人・喜左衛門が記した同館所蔵の「暴瀉しゃ病流行日記」(1858年)に登場する。カラスのような黒い鳥だが、二つの頭があり、一つは白色。日記には「鳥は去年の12月に加賀国(現石川県)に現れ、『来年の8、9月のころ、世の中の人が9割方死ぬという難が起きる』と言った」 ・「私の姿を朝夕に拝めば難を逃れることができるぞ」と語った。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200415-OYT1T50241/


というものです。

特にアマビエは認知度も急速に広まって、
厚生労働省のアプリなどにもキャラクターがあしらわれていますよね。


アマビエ、ヨゲンノトリ、
どちらもその姿を『写す』『見せる』『拝む』とよい、
ということですので、
 ・真似して描く(写す)
 ・プリントアウトする(写す)
 ・スクリーンショットを撮る(DLより「写す」感が…)
 ・ページをシェアする(見せる)
 ・待ち受け画像や壁紙に(拝む)
など活用していただくと、ご利益があるかもしれません^^



アマビエ

※画像をクリックすると大きく表示されます



ヨゲンノトリ

※画像をクリックすると大きく表示されます




自粛期間中の無料オンライン絵画教室は
合わせて7回行いました。

おかげさまでどの回もご好評いただきましたが、
参加者の方から寄せられたお声の中に

「描いたものを見せてみんなで笑いました」
「祈りのひとときでした」
「教わった描き方を友達に伝えて一緒に描きました」
「(親子で参加して)家族の会話が増えました」

というものが結構あったんですね。

それを伺って、本当にやってよかったなあと思ったんです。
オンライン教室なんて初めてで、実はちょっと大変でもあったから^^:


描いた方も笑顔になって、
その周りの方にもそれが伝わって。

現実的な予防対策はもちろん必須ですが、
こういう楽しみやホッとするようなことが
とっても大事な時です。

絵を描くことを通して、そんなお手伝いができたのは
本当に幸せなことでした。


今や大概の人がスマホを持って
世界のあらゆる情報にアクセスする時代ですが、

いつになっても市井の人々の願いや祈りは
瓦版の頃と変わらず、
こんな素朴なかたちで現れるものなのかもしれませんね。


また、
思いを分かち合うツールとしての絵、イラスト、媒体。

そんなことも今回しみじみと感じ、
これからもイラストレーター、デザイナーとして
みなさまの想いを形にするお手伝いをして行こう!腕も磨こう!
と、あらためて心にあかりが灯る出来事でもありました。


よかったら、こちらのページもいろいろと楽しんでくださいね♩
アマビエとヨゲンノトリのご利益が届きますように^^

引き続き、安全第一でお過ごしください。
みなさまの健やかで幸せな毎日をお祈りしています。


ではでは、また!